頬のたるみに効く簡単な筋トレ

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

頬のたるみに効く簡単な筋トレ

「何だか最近、老けて見える・・・」

それは、頬のたるみが現れているからかもしれません。

頬がたるむ原因は様々にありますが、
大前提として、「重力」があげられます。

若い頃の肌は、コラーゲンなどの重力に負けないだけの
構造が備わっている為、たるまない訳です。


そんな重力に負けない為には、
頬の筋肉を鍛える事が重要です!

頬の筋肉は、色々な表情を作る表情筋の一部です。

頬にある表情筋のうち、主なものは、
頬骨筋(きょうこつきん)
頬筋(きょうきん)
笑筋(しょうきん)の3つです。



◆頬骨筋は、頬から口につながっている筋肉で、
 笑顔を作る筋肉です。
 この筋肉がたるむと、下膨れになったり、
 ほうれい腺ができたりします。

◆頬筋は、上下の顎の関節から口の両端に向かって
 伸びる筋肉で、この筋肉が衰えると口元がたるんできます。

◆笑筋は、エラから口元に伸びる筋肉で、
 口角を外側に伸ばす働きをします。


これらの頬の筋肉を鍛えて、ブルドッグのような
頬にならないように予防しましょう。


それでは、頬のたるみに効く簡単な筋トレをご紹介します♪


①両頬に思い切り空気を入れて膨らませて、
そのまま5秒間キープします。


②次に口は閉じたまま、右の頬だけに空気を入れて
 膨らませ5秒間キープします。
 左側の頬も同様に行なって下さい。


③鼻と口の間の部分(前歯の上部と鼻の下)に空気を沢山入れて、
 5秒間キープします。口の下(顎の内側)も同様に膨らませ、
 5秒間キープします。


④口を閉じたままで口の中の空気を吸い込み、
 真空状態になるよう頬をすぼませます。
 そのまま5秒間キープします。



⑤ゆっくり頬を膨らまして、十分に膨らんだところで5秒間キープします。


⑥最後にゆっくり空気を出し、自然な表情に戻します。


※3回くらい繰り返しましょう。ゆっくり行うのがポイントですよ。


頬を引き締める動きなので、小顔効果も期待できます☆


頬筋を鍛えて、重力に逆らって行きましょう!





小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる