睡眠美容を始めよう! 肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

睡眠美容を始めよう

睡眠中というのは、美容にとってとても大切な時間です。

 

眠っているし、動いていないし、

自分的にはなにもしていないというイメージがあるかもしれません。

 

しかしあなたの体は、夜寝ている間に、

一番キレイを目指して働いてくれるのです。

 

午後10時から翌午前2時までは、美肌のゴールデンタイムと呼ばれます。

 

この時間は肌再生が最も活発になる時間帯です。

 

昼間のうちに受けた刺激、疲れなどが、この時間にオフされます。

 

だから、午後10~午前2時までの4時間は、

なるべくベッドに入って眠っておきたいもの。

 

そして、夜のスキンケアはとりわけ注意深く行いたいものです。

 

日常のちょっとしたことで、

眠っている間のスキンケア効果をかなり上げることができます。

 

 

美肌のゴールデンタイムには、なるべくベッドに入って、ぐっすりと眠りたいもの。

 

でも、仕事から疲れて帰って来てから、

いろいろしていると、すぐにこの時間に食い込んでしまうものです。

 

定時が6時半だとして、そこから1時間半かけて家に帰るとしたら、

家に着くのは夜8時になってしまいます。

 

そこから食事をしたり、お風呂にはいったりしていると、

すぐに10時になってしまいますよね。

 

ベッドに入ってすぐ眠れればいいですが、寝つきが悪かったりすると、

それだけ眠りに入る時間はゴールデンタイムに入ってしまいます。

 

私の場合も、どんなに眠くても布団に入って30分間は眠ることができません。

 

だから、10時から眠りに付こうと思ったら、

9時半にはベッドに入らないといけない計算となり、これはなかなかハードです。

 

 

そんなわけで、「美肌のゴールデンタイム」は、

実現可能性が低い、無理難題とたとらえられてきたきらいがあります。

 

「じゃあ、美容の効果も減ってしまうのは避けられないのね・・・」

と嘆いてしまうのはまだ早い。

 

実は、最近の研究結果により、この定説に変わる、新な説が生まれたのです。

 

 

新しい考え方では、午後10時~午前2時というくくりではなく

「入眠後34時間」という考え方に変わってきています。

 

この時間に成長ホルモンの分泌がさかんになることが分かってきました。

 

入眠後34時間に、成長ホルモンが活性化するのですから、

特定の時間帯に寝なければいけない、というしばりはなくなります。

 

 

午後10時~午前2時に成長ホルモンが活性化しやすい、

というのは昔の日本人の生活習慣がベースになっています。

 

昔の日本人はだいたい22時~23時ごろに寝ているのがふつうでした。

 

今の生活に当てはめると、この時間にきっちり寝ている、

という人のほうが少ないのではないでしょうか。

 

実際に、入眠から3~4時間の間は、

脳下垂体から成長ホルモンが分泌されやすいことが分かっています。

 

だから、大切なのは寝る時間ではなく、

眠りはじめの34時間にしっかり熟睡すること。

 

布団に入る時間は気にせず、しっかり眠って、

質の良い睡眠を手に入れることを最優先にしましょう。




 





小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる