睡眠が新陳代謝を上げる仕組みとは 肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

睡眠が新陳代謝を上げる仕組みとは

睡眠をきちんととっていると、新陳代謝が上がり、美肌への貢献度が高いです。

 

そもそも、新陳代謝とは何でしょうか。

 

 

健康な肌であれば、多少のダメージを受けても、肌トラブルにはなりにくいです。

 

これは、肌の新陳代謝がきちんと働いて、常に新しい皮膚がつくられているからです。

 

しかし、肌のケアは睡眠中に行なわれます。

                      

きちんと眠っていないと、この新陳代謝の機能がにぶってしまいます。

 

 

にきびや乾燥肌などのトラブルのない、

美肌を目指すためには、新陳代謝を高めることがとても大切です。

 

新陳代謝が一番活発になるには、夜眠っている時間帯です。

 

だからこそ、効率的に新陳代謝を促せる睡眠を追求したいですね。

 

 

表皮はいくつかの層に分かれています。

 

表皮の細胞は、一番奥の層である基底層で生まれます。

 

そして、だんだんと表面の角質層へと押し上げられていきます。

 

生体細胞としての役割を終えると、角化細胞となります。

 

そして、あかとして剥がれ落ちます。古い細胞が肌から離れて、落ちていきます。

 

これが一連の流れです。

 

基底層で生まれた細胞が、最終的に角質層に行き、

剥がれ落ちるまでの期間をターンオーバー周期と言います。

 

このターンオーバー周期は、28日前後でいるのが通常となります。

 

活発に、正常に行われる周期が28日間。

 

 

しかし、このサイクルに異常が生じてしまうことがあります。

 

そうなると、古い皮膚が長期間にわたり残ってしまいます。

 

残っているので、新しい細胞に入れ替わることができません。

 

角質層のバリア機能は低下し、乾燥肌やニキビ肌などのトラブルのもとになってしまうのです。

 

乾燥肌が続いてしまう、ニキビがすぐできてしまう・・・などのお悩みをお持ちなら、

それはターンオーバー周期が鈍ってしまっているのが原因なのかもしれません。

 

 

新陳代謝のはたらきは、睡眠中に活発化します。

 

脳下垂体から成長ホルモンが分泌されて、新陳代謝活性化するのです。

 

しかし、いつも睡眠不足だったり、

熟睡できないようだったりすると、この睡眠リズムは崩れてしまいます。

 

昼夜が逆転してしまうような状態も、睡眠リズムに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そのような状態でいると、睡眠のリズム悪化によりターンオーバーの周期が

崩れてしまう危険性があるのです。

 

睡眠時間は長いけれど、熟睡できていない、というパターンがあるので、

睡眠時間ベースではなく睡眠の質ベースで考えていく必要があります。

 

朝、起きてみて疲れが残っているようなら、睡眠の質がよくない証拠です。

 

 

美肌を目指すなら、ターンオーバー周期を28日前後にキープすることが大切です。

 

そして、ぐっすりと眠り、成長ホルモンを活性化させ、

次の日の朝起きたときに、すっきりとおきられるようにしておきたいです。

 

夜にブルーライトを見ると、眠りにくくなるので、

寝る前はテレビやパソコン、スマホを控えるようにしましょう。


 





小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる