質の悪い睡眠がもたらす害とは 肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

質の悪い睡眠がもたらす害とは

睡眠不足はお肌の大敵です。

 

睡眠不足の状態が続いてしまうと、肌あれが起きやすくなります。

 

ニキビもできやすくなるし、たるみやしわもできやすくなってしまいます。

 

だからこそ、睡眠不足は解消していきたいです。

 

 

ダメージを受けた肌は、睡眠中に回復します。

 

だから、睡眠のリズムが乱れれば、肌をケアする力は大きく低下します。

 

睡眠不足そのものも大きなストレスになります。

 

自律神経系の交感神経が優位となってしまいます。

 

こうなると、交感神経が活発化するので、

男性ホルモンが大量に分泌されてしまいます。

 

こうなると、女性のお肌にとっては大変なことになります。

 

肌バリア機能が崩れ、皮脂分泌も増え、ニキビもできやすくなってしまいます。

 

 

皮膚の過剰分泌が起こる原因にはいくつかあります。

 

そのうちのひとつ、男性ホルモンによる皮脂分泌の増加は、

睡眠と深くかかわっています。

 

ストレスにより、交感神経が活発化すると、

男性ホルモンの生成が促されてしまいます。

 

男性ホルモンには、皮脂を過剰に分泌させ、

角質の柔軟性を失わせるという影響があります。

 

角栓が詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

 

ニキビは毛穴に角栓がつまって、そこに皮脂も混ざってしまい、できるものです。

 

男性ホルモンはニキビ発生を引き起こす大きな要因となってしまうのです。

 

お肌のためには、ストレスによって交感神経が活発化しないようにすることが大切です。

 

 

睡眠不足が原因でニキビなどの肌トラブルが起きやすくなるのなら、

長く眠れば解決! という話になりそうですが、

そうでもないところが根深い問題です。

 

睡眠時間が多ければ、睡眠にかかわるトラブルが解消される、

というわけではないのです。

 

新陳代謝は、夜寝ている間に活性化します。

 

かつては美肌のゴールデンタイムといって、午後10時~午前2時までの4時間が、

新陳代謝が活発になる時間帯と言われていますが、

最近の研究では、入眠後34時間が、もっとも新陳代謝が活発になる時期だ、

という考え方になっています。

 

つまり、何時間眠ったかではなく、

最初の34時間をいかにして眠ったかが、お肌にとって重要なのです。

 

寝る時間を増やすよりも、入眠後に熟睡するほうに配慮するのが良いでしょう。

 

 

睡眠には、脳が活動している浅い眠りであるレム睡眠と、

脳を含め完全に熟睡しているノンレム睡眠の2種類があります。

 

肌のターンオーバーが表れやすいのは、ノンレム睡眠のほうです。

 

美肌をキープさせるには、質の良い眠り、

すなわちノンレム睡眠をしっかりとることが大切です。

 

入眠から34時間の、もっとも肌が活性化する時間帯に、

どれだけ眠れるか、そこを追及していきましょう。

 

 

眠りの質を高めるためには、環境を整えるというのは良い方法です。

 

夜眠る前にスマホやパソコンなどの画面を見てしまうと、

眠りにくくなってしまうので見ないようにする、

寝る前にラベンダーなど、安眠効果のあるアロマを使うなどの方法がおすすめです。


 





小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる