しみの原因とは

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

しみの原因とは

ある朝目が覚めて、鏡を見ると、顔に出現しているしみ。

 

これを見つけてしまうと、ブルーになるものです。

 

女性なら誰しも、しみひとつない、白い肌をキープしたいと思うもの。

 

でも、なかなかそうもいかないようです。

 

 

さまざまな要因により、しみができてしまいます。

 

普段の生活の中に、知らず知らずのうちにしみができやすい環境が

できてしまっているかもしれないので注意です。

 

 

しみの原因には、まず紫外線があります。

 

紫外線を浴びると、

肌はその刺激で黒褐色のメラニン色素を生成してしまいます。

 

ターンオーバーと共に、剥がれ落ちていけば問題はないのですが、

そのまま肌に残ってしまうとしみになります。

 

 

加齢も原因になります。

年齢を重ねると、皮膚細胞の再生と修復する力が弱まってしまいます。

 

喫煙はしみを生むもとになります。

 

喫煙すると、ビタミンCが破壊されます。

また有害物質の影響で、肌ダメージの影響も受けてしまいます。

 

自分が吸っているかどうかだけではなく、

受動喫煙も健康被害をもたらしてしまうものなので注意です。

 

日ごろから喫煙者と接することが多い環境なら、

しみもつくりやすい環境にあるということが言えます。

 

 

睡眠不足やストレス、過度な疲労もしみをつくりだしてしまいます。

 

これらの負荷は、皮膚細胞の酸化を生んでしまいます。

 

それがしみへとつながってしまうのです。

 

 

冷えによる血行不良により、皮膚細胞へ酸素や栄養が供給されなくなり、

それがもとでしみになりやすくなることがあります。

 

また、老廃物も排出されにくくなり、肌への影響が出てしまうのです。

 

 

ホルモン分泌という原因も考えられます。

 

ホルモン分泌の変化により、皮膚細胞の再生能力が低下してしまうのです。

 

 

しみには、できやすい場所と、できにくい場所があります。

 

とくに、額と頬はできやすいです。

 

額は、日焼けの影響が蓄積されやすい部分であるということが言えます。

 

髪の生え際、眉の上などの部分的にできてしまうこともあります。

 

額全体にできている場合、かえって気づきにくい場合があります。

 

そんなときはお手入れも遅れてしまいます。

 

しみはなるべく早くに気付いて、対処することが解決への近道となります。

 

鏡でチェックするときは、額にしみができていないかも、意識すると良いでしょう。

 

頬は、日光が当たりやすい部分です。

 

頬骨の高い部分にできることが多いです。

 

まんべんなく化粧品を塗り、さらにチークも重ね塗りするパーツです。

 

それだけ化粧かぶれも起こりやすいのです。

 

 

目の周りも意外とできやすいものです。

 

目じりのあたりや、目頭と鼻の間のくぼんだ部分や、

髪の生え際などにできやすくなります。

 

口のまわりでは、口のきわはできにくいのですが、

口角から下の部分にできやすいという特徴があります。

 

上唇にしみができてしまうと、ヒゲのように見えてしまうので注意です。

 

 

日ごろから鏡で自分の顔を観察して、

新たなしみができていないか、確認するようにすると良いですね。


 







小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる