しみ対策しよう

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

しみ対策しよう

お肌にできてしまうしみには、いろいろな原因が考えられますが、

そのうち一番多いのが紫外線によるものです。

 

紫外線を浴びて、日焼けしてしまうと、

そこにメラニン色素が生成されてしまいます。

 

そのメラニン色素が肌の中に、

排出されずに残ってしまうと、しみになります。

 

そう考えるとメラニン色素はワルモノのような気がしますが、

メラニン色素は肌を守るために、このようなことをしている

ということも忘れてはいけません。

 

メラニン色素を生成することで、

紫外線による肌のダメージを減らすことができます。

 

メラニン色素は通常、色素が沈着してしまっても、

ターンオーバーにより剥がれ落ちてなくなってしまいます。

 

しかし、これが肌にとどまってしまうと、しみになってしまうのです。

 

 

紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。

 

活性酸素とは、体の酸化を促すものであり、

活性酸素が増えると老化しやすくなります。

 

そして、メラノサイトという細胞が刺激を受け、

メラニン色素が生成されます。

 

 

活性酸素は紫外線を浴びること以外でも生成されるものです。

 

しみに気を付けようと思うなら、

紫外線からお肌をガードすることももちろんですが、

活性酸素のもとになる肌への刺激を最小限にして、

なるべく活性酸素を生み出さないようにすることも大切です。

 

過剰に活性酸素が生まれてしまうと、

肌細胞や遺伝子にも悪影響を与えてしまいます。

 

こうなると美容の問題だけではなく、

健康に関わることになってしまいます。

 

活性酸素がなるべく悪さをしないように、

肌へのダメージは最小限にとどめたいですね。

 

 

肌の新陳代謝が活発なら、

28日の周期で表皮が角質となり、剥がれ落ちます。

 

このときにメラニン色素も排出されるのが通常です。

 

しかし、過剰に紫外線を浴びていたり、

内外から刺激を受けていたりすると、

新陳代謝のはたらきが低下してしまい、

うまくメラニン色素を排出することができなくなります。

 

 

新陳代謝が低下しているお肌は、

健康な肌ではありません。

 

乾燥肌や新陳代謝のよくない、

不健康なお肌は紫外線の影響を受けやすいです。

 

だから、メラニン色素がたくさん増えることで、

肌や細胞は、紫外線から守られています。

 

メラニン色素が沈着しやすい不健康なお肌だと、

しみができやすくなってしまいます。

 

肌の新陳代謝など、健康な肌を形成するには、

ミネラルとビタミンが必要です。

 

ミネラルがないとビタミンもはたらかないので、

ビタミン、ミネラル両方をきちんと摂取するようにしたいですね。

 

 

できてしまったシミには、

ただしいケアで、被害を最小限にしたいものです。

 

きちんとケアすれば、薄くすることが可能です。

 

たとえば、ビタミンCには

メラニン色素をおさえる効果があります。

 

シミを予防する効果と、

できてしまったシミを薄くする効果があるのです。

 

ビタミンCはコラーゲンの合成も促すので、

はりのあるお肌にするためにも役立つ栄養素です。

 

ビタミンCよりも、ビタミンC誘導体を摂取するのがおすすめです。

 

従来のビタミンCに比べて吸収力が格段に高く、抗酸化作用も高いです。



 





小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる