肌荒れと摩擦が原因のしみに注意!

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

肌のたるみ・ほうれい線の原因を理解し、ほうれい線を解消することを目指す方法を紹介するサイトです。

MENU

肌荒れと摩擦が原因のしみに注意!

しみは、肌への刺激で生まれやすくなります。

 

肌は刺激を受けると、そのダメージからお肌を守ろう

としてメラニン色素を生成します。

 

肌あれを起こしやすかったり、肌への刺激が多かったりすると、

メラニン色素ができやすい環境になってしまうので注意です。

 

 

★肌荒れ記憶じみ

 

肌荒れ記憶じみとは、

「炎症性色素沈着」とも呼ばれます。

 

ニキビや肌荒れなどの炎症ができると、

肌荒れきおくじみになりやすいので注意です。

 

また、脱毛や毛抜きなどの刺激で、かぶれができてしまうと、

そこがあとになり、しみへとつながってしまうことがあります。

 

傷跡に紫外線が当たると、

しみがどんどん濃くなってしまいます。

 

キズができたら、なるべくその部分には

紫外線を当てないようにしましょう。

 

 

肌荒れ記憶じみができてしまったら、

お肌のターンオーバーを活性化させることを

第一に考えましょう。

 

お肌がきちんとターンオーバーしていれば、

やがて色素沈着は剥がれ落ち、薄くなっていきます。

 

早めに目立たなくしたい場合は、

ケミカルピーリングがおすすめです。

 

ケミカルピーリングにより、

ターンオーバーは促進されやすくなります。

 

にきびや肌荒れなど、

肌が炎症を起こしてしまわないように、

日ごろから気を付けておくことも大切です。

 

毎日のスキンケアをまめに行い、

肌あれも極力避けられるように

規則正しい生活習慣を続けましょう。

 

 

★摩擦じみ

 

摩擦により、しみができてしまうので注意です。

 

皮膚をタオルでこすってしまうくせのある方は、

それがもとでしみをつくりやすくしてしまっているので、

改める必要があります。

 

刺激の強い服も避けたほうが良いですね。

 

ちくちくしたり、なにかと締め付けすぎるような服は、

それだけしみをつくりやすくなってしまいます。

 

お風呂上りに、タオルでごしごし拭ったりしているようなら、

やさしくふくようにします。

 

マッサージの刺激で、

しみをつくりやすくしてしまうので、こちらも要注意です。

 

きれいに、健康になるためにマッサージをするものですが、

それがもとでしみを作り出してしまうこともあるのです。

 

強い刺激を与えて、皮膚の真皮までメラニンをつくってしまうと、

なかなかしみを薄くすることができなくなってしまいます。

 

 

摩擦じみをつくらないためには、ごしごしと押したり、

こすったりしないことが一番の対策になります。

 

特に顔のお肌は刺激に弱いです。

 

少しの刺激でもダメージを受けてしまうものです。

 

しみができてしまったらこするのをやめて、そっとしておきましょう。

 

気になる場合は、皮膚科の医師に相談しても良いでしょう。

 

 

★赤じみ

 

なんらかの原因で、顔の皮膚の下にある毛細血管で充血して、

顔色が赤くなってしまうことがあります。

 

お酒を飲んでいるわけでもないのに赤くなります。

 

これは、ステロイド剤かレーザー治療で、

赤く浮き上がった血管やしみを除去することもできます。

 

にきびが赤じみを引き起こすこともあるので、

にきび対策もとると良いでしょう。



 






小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ! セックスレスの原因・改善・解消法! PMS

  • SEOブログパーツ


ほうれい線の原因

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の予防&対策

ほうれい線の解消法

ほうれい線のメイク

お勧め!美顔器!

睡眠美容でスキンケア

しみ対策

美魔女になる